卓球愛好者のための試合検索サイト

Vol.9) 決断





試合では、いったいどれほど沢山の決断をしているのでしょうか?

「どこを狙う?」
「どの回転?」
「次のサービスは、ロングサービス?」
「ショートサービス?」
「横回転?」
「下回転?」
「ナックル?」と。

そして、これらの決断のうちいったい何回ぐらい100%の自信を持って決断をしているでしょうか?
70%、50%、いや、もしかしたら20%ぐらいでしょうか?

こんな話しをある選手から聞いたことがあります。
投げ上げサービスを出す時、ボールが落下するまで次に何を出そうか決断できない…。
もちろん、相手の動きによって一瞬でサービスを変える決断を余儀なくされる時もありますが…。

これでは、3球目攻撃や5球目攻撃のイメージが全くないままにサービスを出してしまっているということになります。



では、なぜ100%の決断ができないのか?

それは『間違ったらどうしよう(ポイント取られたらとうしよう)』と思うと決断したくなくなるからです。
しかし、現実には幾度となく決断を迫られます。そして、その決断度は次のポイントに大きく影響を及ぼし、最終的には結果となって現れてしまいます。

割り切って100%の決断をするしかありません。
正確な情報がわからない時は、その時点で自分の持っている情報内でベストの判断をすればよいのです。

“決断する”ことも、立派な練習の一つなのです。





会員登録
会員(無料)になると動画閲覧、練習相手募集・参加ができるようになります。
右記ボタンよりご登録お願いいたします。
ログイン

大会WEB申込み可能団体